トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士とは > 公認会計士の仕事

公認会計士の仕事

公認会計士の仕事の画像

公認会計士の仕事内容というのは簡単に言うと、会社の情報が正しいということを説明する仕事ということになります。
どういったことかと言うと、会社の中には上場といって株式を公開している会社が多数あります。
そのような会社では、決算書と呼ばれる書類が公に公開されています。

もしもその書類が間違っているようなことがあれば、大変なことになってしまいます。
そのようなことが無いように、正しい書類であるかどうかのチェックし監査を行うのが公認会計士の仕事というわけです。
各会社に対して、年間の訪問スケジュールを決めて会社を訪問することになります。

そこで担当者より会社の経営状態を確認し、その状態と決算書に間違いがないかどうかチェックを行うのです。
公認会計士の仕事はますます増えてきていますが、人数はまだまだ足りていないというのが実情のようです。
もうひとつ公認会計士の役割としては、大きな企業に対して信頼を与えるという役割があります。

公認会計士は監査報告書と呼ばれる種類を作製するのですが、この書類が無ければその会社は信頼することが出来ないということになってしまいます。
信頼することが出来なければ、株式の売買などを行うことも出来ません。
公認会計士の作る書類ひとつで、会社の信頼が左右されることになるということです。

公認会計士というのは、責任とあるやりがいのある仕事なのです。
公認会計士にとって大事なことは、お客様との信頼関係を築くことが出来るかどうかにかかっています。
お客様との信頼関係があってこそ、スムーズに仕事をこなしていくことが出来るからです。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 公認会計士になるには

公認会計士になるには、ただ試験に合格すればよいというものではありません。 次の5つの段階を踏まなければ、公認会計士として働くことは出来ません。 公認会計士になる為に一番最初のステップとしては、まず公認会計士の試験に合格するということです。 公認会計士の試験は、年に一回実施されこの試験に合格することがまず最初の一歩なのです。 次に2年以上に渡って「業務補助等」の業務を行わなければなりません。 ほとんどの方は、試験に合格後監査法人に就職し業務補助を行うので特に問題は無いのではな

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。