トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士として働く > 公認会計士の登録

公認会計士の登録

公認会計士の登録の画像

公認会計士の登録というのは、公認会計士試験に合格しただけでは登録することは出来ません。
公認会計士試験に合格し、さらに実務補習を修了し内閣総理大臣の確認を受ける必要があります。
それと、業務補助又は実務従事の期間が通算して2年以上である者であることが条件となります。

この全ての要件を満たしていて始めて、公認会計士に供える公認会計士名簿に登録することができます。
ひとつでも欠けていれば、公認会計士として登録することは出来ません。
業務補助というのは国又は地方公共団体の機関において、国若しくは地方公共団体の機関又は資本金額5億円以上の法人であること。

その法人の会計に関する検査、若しくは監査又は国税に関する調査若しくは検査の事務ということになります。
単純な経理事務や帳簿業務などは不可とされているので、注意が必要です。
銀行や信託会社等において、貸付け・債務の保証その他これらに準ずる資金の運用に関する事務などでも大丈夫です。

公認会計士の登録要件である実務補習は、公認会計士試験に合格した者に対して公認会計士となるのに必要な技能を修習させることを目的として行われます。
実務補習団体等(公認会計士の組織する団体で金融庁長官の認定したもの)において行われることとなります。
このようにただ公認会計士の試験に合格するだけでなく、一人前の公認会計士となる為にはこういった経験を積まなければなりません。

業務補助や実務補習などを終えた時点で、公認会計士として登録することが出来るのです。
公認会計士の試験に合格した後も、登録を済ませるまでは気を抜かずに頑張りましょう。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 公認会計士試験の詳細

公認会計士の試験は、最難関国家資格であると言えます。 公認会計士の試験は、年齢・性別・国籍を問わず誰でも受験することが可能となっています。 今までは細かな受験資格が設定されていたのですが、新制度に変更されてからは誰であっても公認会計士の試験を受験することが出来るようになりました。 公認会計士の試験は、短答式試験と論文式試験の2回になります。 公認会計士の合格率はとても低く、ここ数年の合格率を見ても8%から9%程度となっています。 公認会計士の試験は、かなりの難易度があると言

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。