トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士として働く > 公認会計士の就職・求人

公認会計士の就職・求人

公認会計士の就職・求人の画像

公認会計士という仕事は専門職になるので、一般の求人誌などではなかなか希望の仕事が見つかるということは少ないのではないでしょうか。
求人そのものは、専門職だけに決して低いというわけではありません。
最近では公認会計士試験の基準も変更され、合格者も増加しています。

公認会計士の需要も、急激に拡大しているようです。
実力があれば、多くの企業から引く手あまたという方も多いのではないでしょうか。
公認会計士という仕事は資格を取得じた時点である程度の知識はありますが、何と言っても経験を積むことで発揮されていく資格でもあります。

公認会計士を専門に取り扱っている就職サイトがあります。
ご自身で仕事を探すことが困難であると言う方は、こういった公認会計士専門の就職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。
事前に登録を済ませておけば、希望する条件に見合った就職際を紹介してくれるのでとても便利です。

正社員はもちろんですが、アルバイトや契約社員などの求人もあります。
事前登録では、ご自身の現在のスキルも登録しなければなりません。
最近では、公認会計士そのものが不足している状態にあるようです。

ですから、以前にはなかった短答式試験にだけ合格しているという状態であったとしても就職するという方が増えているようです。
以前には論文式試験まできちんと合格していなければ、就職することは出来なかったようです。
この傾向はあと2,3年は続くようなので、今のうちに就職をして経験を積むというのもよい方法かもしれません。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 米国公認会計士

米国公認会計士というのは、その名の通り米国における公認会計士の公的資格です。 様々な国からの受験者も多く、国際的には最もメジャーな会計士資格であると言えるのではないでしょうか。 試験はコンピューター上で受験し、全米各州のテストセンターで年に4回まで受験することが可能です。 4科目の試験がありますが、一度に全ての科目に合格する必要はありません。 一科目ずつ合格していけばよいのですが、試験は当然英語で出題されます。 ですから問題を読み解く英語力など、かなりの英語の力が必要とされ

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。