トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士として働く > 公認会計士の年収

公認会計士の年収

公認会計士の年収の画像

公認会計士の年収というのは、勤めている勤務先の規模によって多少の差が生じるようです。
公認会計士の平均的な年収は、830万円程度であると言われています。
この平均年収は、公認会計士の平均年齢が38歳としてみるとかなり高い金額であると言えるのではないでしょうか。

ですがこれはあくまでも平均年収ですから、もちろんこれ以上年収が高いと言う方もたくさんいらっしゃるわけです。
大手の監査法人などに勤務すると、それだけ貰う給料も高くなるようです。
平均年収に関してもここ3年ほどのデータから算出した数値ですから、これから先は増加傾向にあるようです。

医師や弁護士のついで、高い平均年収であるといえます。
ですがその分仕事も大変ですから、年収に見合っているともいえるのではないでしょうか。
最近では女性の公認会計士も増えてきていますが、平均年収では女性の方が男性よりも少し低いようです。

女性の公認会計士は、一般の企業に勤めるOLに比べればはるかに高い年収となっています。
こういったことから公認会計士を目指す方はとても多く、人気の職種となっています。
平均月収としては56万円程度となっていますが、この金額だけを見てもとても多いということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

年収が高いという理由から、公認会計士の仕事を選択するという方も多くいらっしゃいます。
しかし、近年では公認会計士試験の合格者がとても増えているようです。
これから先、就職先や年収といったことにどういった変化が見られるのかが注目されています。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 独学で公認会計士の勉強をする

公認会計士の試験というのは、出題範囲も広く非常に難しい試験であるとされています。 合格率も上がってきているとはいえ、まだまだ10%にも満たないかなり低い合格率です。 公認会計士の資格試験を受ける為の勉強方には、様々な方法があります。 学校に通うというのが一番手っ取り早い方法ではありますが、テキスト代や受講料などを考えると金額的にはかなり高めとなるのではないでしょうか。 その他には、独学で公認会計士試験を学ぶという方法もあります。 独学で公認会計士の試験を受ける為には、まずそ

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。