トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士として働く > 公認会計士のやりがい

公認会計士のやりがい

公認会計士のやりがいの画像

公認会計士のやりがいというのは、一体どういったところのあるのでしょうか。
もちろん他の職種に比べて収入がよいというのも、やりがいのひとつにはなっているようです。
ですが、金銭面以外にも公認会計士にはやりがいがたくさんあります。

公認会計士の5人に1人の割合で女性がいます。
公認会計士であれば男女平等で働くことができ、結婚や出産後なども柔軟な勤務体制で仕事を行う事が可能です。
一時的に家庭に入っていたとしても、復帰することはたやすい環境にあります。

このように公認会計士という仕事は、女性にとってとてもやりがいのある仕事であるといえます。
そてに、公認会計士だけが出来る仕事として監査業務があります。
企業の経営をする人とパートナーとなり、その手腕をまじかに見ることも出来ます。

自分が行ったアドバイスによって問題が解決したときなどは、至福の喜びを感じることができやりがいを感じるそうです。
公認会計士のやりがいというのは、はっきりというと自己満足なのかもしれません。
自分のアドバイスによって解決したり、自分の助言で企業が動くといったようなことが多々あります。

自分が会社を動かしているような自己満足が、公認会計士としてのやりがいなのではないでしょうか。
そのためには公認会計士の知識だけでなく、経営に関する事や世界の動きなど幅広い知識が必要とされます。
ですから、公認会計士という仕事は常に勉強を続けていかなければならないということです。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 公認会計士の資格

公認会計士という資格は、監査業務が行なえる唯一の国家資格です。 公認会計士の試験は年に1回実施され、短答式試験と論文式試験の2つの試験に合格しなければなりません。 短答式試験では、財務会計論・管理会計論・監査論・企業法などから出題されます。 論文式試験では、会計学・監査論・企業法・租税法・選択科目(経営学 経済学 民法 統計学のうち1科目)が出題されます。 出題範囲は広く、より多くの知識が求められることとなります。 短答式試験に合格すると次の論文式試験を受験することが可

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。