トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士のあれこれ > 公認会計士と法人設立

公認会計士と法人設立

公認会計士と法人設立の画像

公認会計士という資格を持っていると、新規開業や法人設立のお手伝いをすることが出来ます。
新規開業や法人設立というのは、その方にとっては一大事とも言える大切なことです。
その手助けをするのですから、責任を持ってアドバイスをしなければなりません。

公認会計士というのは、こういった法人設立の仕事をすることで信頼を得ることが出来るのです。
設立後の経営や税務の相談など、その先にも公認会計士の仕事は待っているのです。
公認会計士は、定款の作成から設立登記まで法人設立に関する全ての手続きをサポートしなければなりません。

公認会計士であれば、商業登記も自分で行うことが出来ます。
ですから設立に関する相談はもちろんですが、書類作成や登記申請・設立後の税務相談まで全て公認会計士が請け負うことになります。
反対に法人設立をしようと考えているならば、公認会計士に相談すれば全てうまくいくというわけです。

法人設立に関する手続きというのは、公認会計士のメインの仕事であるともいえます。
公認会計士の中には、医療法人専門の法人設立を仕事とされている方もいらっしゃいます。
医療法人の法人設立であれば、そういった専門の公認会計士にお願いするとよいでしょう。

いずれにしても、法人設立というのは、書類作成や、税金の問題など様々な手続きが必要となります。
自分で全てを行うことは不可能とも言えるので、法人設立のベテランである公認会計士に相談するようにしましょう。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 公認会計士のやりがい

公認会計士のやりがいというのは、一体どういったところのあるのでしょうか。 もちろん他の職種に比べて収入がよいというのも、やりがいのひとつにはなっているようです。 ですが、金銭面以外にも公認会計士にはやりがいがたくさんあります。 公認会計士の5人に1人の割合で女性がいます。 公認会計士であれば男女平等で働くことができ、結婚や出産後なども柔軟な勤務体制で仕事を行う事が可能です。 一時的に家庭に入っていたとしても、復帰することはたやすい環境にあります。 このように公認会計士という

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。