トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士とは > 米国公認会計士

米国公認会計士

米国公認会計士の画像

米国公認会計士というのは、その名の通り米国における公認会計士の公的資格です。
様々な国からの受験者も多く、国際的には最もメジャーな会計士資格であると言えるのではないでしょうか。
試験はコンピューター上で受験し、全米各州のテストセンターで年に4回まで受験することが可能です。

4科目の試験がありますが、一度に全ての科目に合格する必要はありません。
一科目ずつ合格していけばよいのですが、試験は当然英語で出題されます。
ですから問題を読み解く英語力など、かなりの英語の力が必要とされます。

難易度は日本の公認会計士ほどではありませんが、かなりの難関であると言えるでしょう。
米国での公認会計士資格は各州ごとに取得・登録されるので、州外での会計士業務を行なうことは出来ません。
日本から米国の公認会計士試験を受験することは可能ですが、事前に大学などで会計やビジネス関連科目などを学んでおく必要があります。

その大学によって所要単位数が大学で取得していること、取得見込みであるということが受験資格にも繋がっていきます。
米国公認会計士の資格を取る為には、ある程度の英語力と大学での勉強が必要であるという訳です。
米国公認会計士試験に合格しても、すぐに業務に就けるというわけではありません。

登録した各州によっては、実務の期間や追加試験の合格などが課せられる州もあるので注意が必要です。
米国公認会計士試験に合格した後は、登録した各州の指示に従い実務に就くことになります。
その後も定期的に講習会などの出席し、毎年変化する会計ルールなども学ぶ必要があります。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 公認会計士になるには

公認会計士になるには、ただ試験に合格すればよいというものではありません。 次の5つの段階を踏まなければ、公認会計士として働くことは出来ません。 公認会計士になる為に一番最初のステップとしては、まず公認会計士の試験に合格するということです。 公認会計士の試験は、年に一回実施されこの試験に合格することがまず最初の一歩なのです。 次に2年以上に渡って「業務補助等」の業務を行わなければなりません。 ほとんどの方は、試験に合格後監査法人に就職し業務補助を行うので特に問題は無いのではな

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。