トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士試験について > 公認会計士試験の詳細

公認会計士試験の詳細

公認会計士試験の詳細の画像

公認会計士の試験は、最難関国家資格であると言えます。
公認会計士の試験は、年齢・性別・国籍を問わず誰でも受験することが可能となっています。
今までは細かな受験資格が設定されていたのですが、新制度に変更されてからは誰であっても公認会計士の試験を受験することが出来るようになりました。

公認会計士の試験は、短答式試験と論文式試験の2回になります。
公認会計士の合格率はとても低く、ここ数年の合格率を見ても8%から9%程度となっています。
公認会計士の試験は、かなりの難易度があると言えるのではないでしょうか。

公認会計士試験にも科目合格が導入されていますが、その期間はとても短く2年間しか猶予期間がありません。
公認会計士の試験科目は、選択制を含めて全9科目にもなります。
勉強する範囲がとても広いので、かなりの勉強量が求められることでしょう。

公認会計士試験の受験料は、短答式試験が9000円・論文式試験が15300円となっています。
最近では公認会計士試験の合格者も増加しているようですが、それでも勉強期間としては1年から3年程度は必要となってくるようです。
試験日は年に一回しかないので、長期戦になることも覚悟しておかなければなりません。

どの試験も出題範囲が広く試験時間も長くなるので、かなりの集中力が要求されることでしょう。
公認会計士試験というのは、司法試験と同じような難易度がある大変難しい資格であると言えます。
合格を勝ち取る為には、かなりの努力が必要となります。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 公認会計士と簿記1級

公認会計士の試験は、簿記1級の試験に合格していなければ受験できないというわけではありません。 公認会計士合格者の中にも、簿記1級の資格を持っていないという方は多くいらっしゃいます。 ですが、公認会計士の試験と簿記1級の試験が全く関係ないというわけではありません。 公認会計士試験では旧証券取引法・現金融商品取引法の会計を勉強しなければなりません。 同じく簿記1級でも、旧証券取引法・現金融商品取引法の会計を勉強することになります。 ですから簿記1級の試験というのは、公認会計士試

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。