トップ 公認会計士ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

公認会計士ナビ公認会計士試験について > 独学で公認会計士の勉強をする

独学で公認会計士の勉強をする

独学で公認会計士の勉強をするの画像

公認会計士の試験というのは、出題範囲も広く非常に難しい試験であるとされています。
合格率も上がってきているとはいえ、まだまだ10%にも満たないかなり低い合格率です。
公認会計士の資格試験を受ける為の勉強方には、様々な方法があります。

学校に通うというのが一番手っ取り早い方法ではありますが、テキスト代や受講料などを考えると金額的にはかなり高めとなるのではないでしょうか。
その他には、独学で公認会計士試験を学ぶという方法もあります。
独学で公認会計士の試験を受ける為には、まずそれなりのテキストや資料を集める必要があります。

全てのテキストを揃えることは難しいと思いますが、ある程度のテキストを集めるだけでも10万円程度は必要となってくるのではないでしょうk。
それほど、公認会計士の試験範囲は広いということです。
独学で公認会計士の試験に合格することは不可能ではありませんが、よっぽどの気合や努力といったものがなければ合格することは難しいでしょう。

独学で公認会計士に試験に合格された方は、多くいらっしゃいます。
ですが、勉強時間などを見ると相当の時間数がかかってしまっているようです。
それだけの覚悟とやる気があるのであれば、独学で公認会計士を目指すというのもよいのではないでしょうか。

ですが、その際にも予備校などの無料講義を受講することをお勧めします。
予備校の講義では最新情報や、自分の知らなかった内容を知ることも可能だからです。
全くの独学ではなく、こういった予備校の無料でも講義を利用するというのもひとつの方法ではないでしょうか。

公認会計士ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 公認会計士のやりがい

公認会計士のやりがいというのは、一体どういったところのあるのでしょうか。 もちろん他の職種に比べて収入がよいというのも、やりがいのひとつにはなっているようです。 ですが、金銭面以外にも公認会計士にはやりがいがたくさんあります。 公認会計士の5人に1人の割合で女性がいます。 公認会計士であれば男女平等で働くことができ、結婚や出産後なども柔軟な勤務体制で仕事を行う事が可能です。 一時的に家庭に入っていたとしても、復帰することはたやすい環境にあります。 このように公認会計士という

公認会計士ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。